「仕上がりタイプを選べる」
自分史の作成は、本格的な冊子のタイプとファイルのタイプの2種類から選択することができます。
レールファイルタイプは、あとからの内容修正、追記、増頁もできるので便利です