あなたが生まれてからの体験談、人生観 etcを子孫に継承しましょう。

“自分史”としては書きにくいことを聞き取りにより第三者として代わりに執筆いたします。
写真を添えることもできるので、文章では伝わりにくいこともビジュアルに“伝える”ことができます。