きめ細やかな対応でも格安料金で「自分史」が作れる

通常、自分史を自作する場合は、執筆した文章や写真を持って印刷会社に依頼します。
おおよその費用の目安ですが、約40~60万円程度かかると言われています。
しかし、「代筆屋」なら手間もかからず、リーズナブルな価格で自分史が作れます。
書きたい内容を話すと、あとは代筆屋が執筆します。面倒な手間をかける煩わしさがなく、
自分で作るよりも格安に「自分史」が出来上がります。

冊子とファイルの2種類から選択可能

自分史の作成は「本格的な冊子のタイプ」と「ファイルのタイプ」の2種類から選択することができます。
特にファイルタイプは、あとからの内容修正や追加もできるので便利です。
ファイルタイプで作成しておき、タイミングをみて冊子(無線綴)に仕上げるのも良いでしょう。
人によって経験する人生は様々。自分だからこそ経験した、自分だからこそ伝えられる思いを文章に残して子供から孫へ、そして更にその先の子孫へと伝えていけたら素晴らしいですね。
自分史の完成までにかかる期間は、おおむね1か月程度です。

 

印刷は、レーザープリント仕上げとなります。
冊子の仕上がりは、透明レールファイル or 無線綴じ製本から選択です。
透明レールファイルの場合は、納品後でも安価に修正、追記、増頁、増刷が可能です。
無線綴じは、増刷のみ可能となります。
料金の目安は、諸経費等を含め次のとおりです。(20頁、20冊作成の場合)

透明レールファイル 243,000円程度~  無線綴じ製本 278,000円程度~

納品は、受注内容によって前後しますが、受注後3~4週間程度です。