ただ文章をおこしていくのではなく、依頼者が語っているかのような表現や第三者としての表現など、場面や内容に応じて使い分けながら執筆いたします。